業務内容

※杭基礎とは

軟弱地盤に対して構造物を建設した場合、地盤に対して構造物の方が重く支える事が出来ない。
その際に「コンクリート杭/鋼管杭」を地中の硬い地盤まで打ち込み構造物を支える基礎の事。

杭打ち

既製杭:プレボーリング工法 第1事業部

掘削ビット及びロッドを用いて掘削・泥土化した掘削孔内の地盤に、根固め液/杭周固定液を注入し、撹拌混合してソイルセメント状にした後、既製コンクリート杭を所定の深度まで沈設する。狭隘な現場から大手ゼネコンまで様々な現場がある。

既製杭:鋼管杭 第2事業部

既製の鋼管杭を専用の杭打機にて回転圧入し、現地の地盤調査書「柱状図」と杭打機の施工データを相互確認し設計支持層に根入れ出来ているかどうかを確認し施工を行う。
狭隘な現場や工場建屋内、大手ゼネコンも多い。また、特殊な杭打機の為出張も多い。

杭抜き

既製杭抜き工事:第1/第2事業部

構造物解体後、更地とする為に既製杭の抜き工事が増えてきている。
杭径プラスαのケーシングをかけ、杭周と地盤との縁切りを行い仕込みワイヤー等にて引抜く事が一般的だが、狭隘な現場や元々の施工によって抜きは様々な施工方法がある。

日本一稼げる職人を目指して!

お問い合わせ

ACCESS

株式会社テクノベース

〒343-0851
埼玉県越谷市七左町1-365-5

048-989-1107

048-989-1159

印刷はこちら

dictux